まるなか(有限会社丸中商店)は、東京都東村山市のイーストビレッジにある明治初期創業の老舗の米屋です。厳選された高品質米をお取扱いしています。

まるなか - 明治初期創業の老舗の米屋 | 厳選・高品質米のみ取扱 東村山市内配達無料にて承ります  TEL:042-391-0041

まるなか(有限会社丸中商店)は、東京都東村山市のイーストビレッジにある明治初期創業の老舗の米屋です。厳選された高品質米をお取扱いしています。

まるなか - 明治初期創業の老舗の米屋 | ニュース
当店はTOKYO米HACCP「記録推進店」です。
まるなか - 明治初期創業の老舗の米屋 | 当店はTOKYO米HACCP「記録推進店」です。

「記録推進店」は、HACCPの考えを取り入れた衛生管理のための手引き書に基づく記録実施を推進しています。

(1)米に関する法令知識が身についていること。
(2)米に対して、食味・品質の見極めが身についていること。
(3)米に関する栄養学・衛生管理等の知識が身についていること。

(1)(2)(3)の知識を活かしお米の大切さや日本型食生活の良さを提案し、 専門職としての知識を生かした次世代への食育提案ができることです。

■HACCP(ハサップ)とは・・・
Hazard Analysis and Critical Control Pointの頭文字を取ったもので、対象とする食品の原料から流通について、食品の安全性に係わる危害要因を確実にコントロールし、安全な食品を供給する手段。

まるなか - 明治初期創業の老舗の米屋 | ページトップへ

食品衛生法の一部を改正する法律が平成30年6月13日に公布されました。改正の趣旨は、「我が国の食を取り巻く環境変化や国際化等に対応し、食品の安全を確保するため、広域的な食中毒事案への対策強化、事業者による衛生管理の向上、食品による健康被害情報等の把握や対応を的確に行うとともに、国際整合的な食品用器具等の衛生規制の整備、実態等に応じた営業許可・届出制度や食品リコール情報の報告制度の創設等の措置を講ずる」 となっています。

法律では、HACCP(ハサップ)に沿った衛生管理の制度化が盛り込まれました。1993年コーデックス委員会においてガイドラインが示されてから、先進国を中心に義務化が進められて来ました。HACCPによる衛生管理は、日本から輸出する食品にも要件とされるなど、国際基準になっています。

HACCPによる制度化は、日本の食品の安全性の更なる向上を図ることを目的にフードチェーンを構成する食品の製造・加工・調理・販売等を行う全ての食品業者を対象としています。

HACCPは、原料の受け入れから製造・出荷にいたる工程において、発生する恐れのある生物的、化学的、物理的危害要因を予め分析(危害要因分析)し、原料の受け入れから製品の出荷までのどの段階でどのような危害要因が生じ、どのような対策を講じればそれを管理(除去、許容レベルまで低減)できるかを検討し、重要管理点として定め、これを継続的に記録することにより製品の安全性を確保していく科学的な衛生管理の手法です。

※日本米穀小売商業組合連合 (日米連)HACCP手引書より抜粋

まるなか - 明治初期創業の老舗の米屋 | ページトップへ